依頼製作品

TYPE:TRANSPARENT OVERDRIVE

天面のコントロールは左から

VOLUME TONE GAIN LEVEL です

 天面のフットスイッチは左側がBYPASS/ON 右側がPRE-GAINLEVELON/OFF です

 

 

VOLUMEはマスターヴォリュームです 全体の最終音量を定めます

TONELOW-PASS(ハイカット)です

右に振っていくとヌケが煌びやかに

左に振っていくと篭るタイプです

GAINは歪み量です LOW-GAINタイプの本機は全開でも激しく歪みません

フルテンにすれば意外とシッカリと歪みます

GAIN抑えてクリーンブースターの様な使い方も出来ます

LEVELは入力LEVELを操作するPRE-GAINの働きです

このLEVELPRESETとして

右フットスイッチで呼び出します

有効時にはLEVELのノブが点灯します

無効時は消灯しPRE-GAIN LEVEL全開とほぼ同等の値になります

音つくり時にはGAINと兼ねあわした設定をオススメします

左フットスイッチを押し有効にしますとオレンジレッドに輝きます

このときは本機のエフェクトが有効になります

 

背面は左から

INPUTジャック HIGH-CUT スイッチ DCジャック OUTPUTジャック です

INPUTジャックで一点アースを取っていますので

OUTPUTジャックは絶縁タイプです

 

耐圧25Vのパーツを使っていますので

DCジャックには25V以下の電源入力でお願いします 

耐圧を超えた入力は故障の原因になります

通常の9Vセンターマイナス電源で問題なく稼動します

付属品の電池スナップも是非ご利用下さい

 

HIGH-CUT スイッチを有効にしますと 

僅かに可聴高周波域をカットできます

HIGH-CUT が無効になりますと左のノブVOLUMEが点灯します

可聴高周波域をカットしている時は消灯しています

 

音つくりの際に3ノブをフルアップしたりすると超高域のノイズが出ますが

HIGH-CUTスイッチで解消できます

 

本機の音の特徴は

ヘッドルームが広いLOW-GAINタイプのOVERDRIVEです

所謂トランスペアレント系と呼ばれるものです

 

シリコンダイオード4発のクリップ回路により粒が細く

LM833による少し硬めの音で

最終バッファー回路の要したMOS-FET 2SK241によるソフトでクリーンな増幅

 

ジャキっとしたカッティングを得意とします

 

魔法のコンデンサを挿しておきました

中を開けたとき 左下にある赤いコンデンサです

一つだけ抜き差しできます 

 

抜いても使用可能です コンデンサの方向性は無いので、是非 抜き差しお試し下さい


S.S.B.LABO 

E-MAIL s.s.b.labo@gmail.com